まだ借りられるから大丈夫!それが消費者金融の魔力

もしお金が足りなくなっても、まだ消費者金融の借入れ限度枠内だから大丈夫。
このような心の余裕をもてるのは、大きなメリットだと思いませんか?

しかしこの心の余裕というのが金銭感覚に狂いが生じることが多く、
借入れ可能なお金が、あたかも自分のお金であるような錯覚が起こるのです。

消費者金融での借入れに限らず、気軽に小口融資を受けることができる
銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングなどのサービスでも同様ですね。
これらのサービスに共通しているのが、

・限度額が設定されている
・月々一定額の返済

といった点であるといえます。

頭ではわかっているつもりでも「借りられる」=「使える」に・・・

申込んで審査を経て契約さえ済ませておけば、いつでもどこでもキャッシングで借入れができる。もちろん大きなメリットです。本当に必要なお金なら仕方ないですが、自分のお金であるような感覚で使って(本来なら借りてですが・・・)しまうのはかなり危険だといえます。

限度額が設定されていることは、頭の中ではちゃんとわかっているはずですが。
いくら使って(借りて)も月々の返済額は変化しないので、気が付きにくいのです。
また使おう(借りよう)とした段階になって、限度額いっぱいだったことに初めて気が付く、
なんていう話も良く聞かれます。

一番安全なのは、一度借りたら完済するまでは追加での借入れをしないことです。
でもこれ突き詰めてゆくと、極論ですが最初から限度額一杯まで借りる?
みたいになっちゃいます。限度額が3万円とか5万円とかだったら、
まあそこまで高いリスクにはなりませんが、そういうことではないと思うのです。

借入れ総額を常に把握しておく

こういった状況になってしまわないためには、利用明細を常に確認して、現段階での借入れ総額を常に把握しておくように心がけましょう。利用明細はご存知の通り一ヶ月ごとに更新され、特に不要であることを申告していなければ、毎月郵送で送られてきます。
家族や隣人に知られたくないなどの理由で郵送を停止することもできます。

近年ではネット上のメンバーページなどで利用履歴を閲覧出来るようになっており、PC はもちろんスマホからでもチェックが可能となっているので、こまめに利用履歴を確認して今現在いくら借りていて、いつまで返済するのか、しっかりと把握しておくことが重要です。

Previous post 消費者金融の運用資金
Next post 意外と差になる振込手数料が0円のキャッシングのメリット