古書の収集のために消費者金融で借りた

大学を卒業後、アルバイトで生計を立てるようになって5年になりますが、 始めた当時から比べれば時給も上がったし、お金のかかる趣味があるわけではないので、 普段はそんなにお金が足りなくなることはありませんでした。 唯一の趣味といえば、日本の昭和初期の古書などの安いものが好きで、 古本屋漁りをすることです。こういった本はたいてい高いものが多いのですが、 自分の場合はそういった高いものは、最初から興味が沸かずに、 数百円などで売っている安いものを集めるのが好きでした。 というのも、大学に通っていた時の流れから、 古本屋がたくさんある神保町の近くに住んでいて、本屋の店主とも顔なじみになり、 安く出せるような本が入ると、いつも教えてくれたり、 また古書好きな仲間が多くいたことも幸いして、安価なものの中にも 興味を持てる内容のものがあることを知っていたからです。 一度購入を見送った古地図が忘れられず とはいっても、長いことこういったことを続けていると、 やはり高価なものの中に、とても興味を惹かれるものが出てくることもあります。 東京都の古地図は数千円程度で買える安価なものもあり、 すこし頑張ってこのぐらいの価格帯のものをいくつか持っていて、 これよりも高いものは買わないと決めていたのです。 しかしある日、戦前から戦後にかけての時期を網羅した、四谷界隈の古地図が 比較的良い状態で入荷しました。とても興味深いものでしたが、 2万5千円という値段に躊躇してしまい、購入できずに悩んでいたところ、 入荷して二日後にすぐ売れていしまいました。 やはりこういった専門的なものは、欲しい人の目に触れたらすぐに売れてしまうのもの。 その時はまあ仕方がないことと諦めたつもりでいましたが、 3ヶ月経っても、半年経ってもやはりあの古地図のことが忘れられません。 今度入荷したら絶対に購入しようと心に決め、毎月少しづつ貯金始めました。 半年は頑張って2万円ほど貯めたのですが、 そのためにまったく本を買えなくなっていたフラストレーションに耐え切れず、 この貯金すべてを使って安い本をたくさん買ってしまいました。 きっとしばらくは入荷しないだろうと思ってのことでしたが、...

消費者金融を利用するメリット

消費者金融でお金を借りるということに対して、 ごく一般的な感覚からすれば、あまり良いイメージを抱けるものではないものです。 消費者金融に限らず、銀行やクレジットカードなどのカードローン、キャッシングに関しても、 やはり同じことがいえるかと思いますが、それらと比較しても消費者金融からの借り入れに対しては、 特にイメージの悪いものとなってしまっている感は拭いきれません。 このようなイメージを植えつけてしまった原因としては、 やはり70年代~80年代頃の消費者金融、 いわゆる高利貸しとかヤミ金、サラ金などと呼ばれ、 現在と比べるなら、法外に高い金利での貸付に加え、 厳しい取立てなどが行われていた事実があるからでしょう。 しかし90年代以降、消費者金融業界は大きな変貌を遂げました。 度重なる法改正に伴う低金利化や、金融業界そのものの 不況を原因とした業者の統廃合などが繰り返し行われます。 さらにここ数年前に施行となった総量規制などの法律により、 より安全で手軽に利用することができる、 金融機関として認知されるようになりました。 なくてはならない消費者金融 もちろん借金をしなくても済むのであれば、 しないに越したことはありませんし、 消費者金融についても同じように、利用しなくて済むなら 利用しないにこしたことはありません。 しかし、消費者金融が融資をしてくれなくては困る、 家族が、会社が路頭に迷うことになってしまう という方もたくさんいるかと思います。 消費者金融はなくてはならないものであるということも事実で 当サイトについて このように私たちの生活においても、金融業界においても 消費者金融は非常に重要な役割を担っています。 銀行やクレジットカード会社などとは違って、いわゆる純粋な貸金業として 営業を行っている消費者金融ならではの、...